今月号の「Casa BRUTUS」 雑誌を読んで久しぶりにテンション上がりまくりましたっ!

コーヒー好きのブロガーの方たちもこぞってネタに取り上げられているようですね

内容はコーヒーとパンの特集 『サードウェイブ』と言われるコーヒートレンドの紹介です

インテリジェンシアなどのいわゆる『ビッグ3』はもちろん、 アメリカの新世代コーヒートレンド店が紹介されています 一般向けの大衆紙にこの内容のモノは今までなかったんじゃないかな?

「コーヒーのおいしさ」の本質に触れるこの流れは 私がcordで実現したいと考えている理想そのものなのです

・使用するコーヒーはすべてスペシャルティコーヒー ・シングルオリジン(単一産地)のコーヒー豆を楽しめる ・エスプレッソやペーパードリップといった抽出方法の違いでコーヒーを楽しめる ・カップで提供するコーヒーに使用したコーヒー豆や、  販売するコーヒー豆全ての焙煎日を提示する

上記の項目に関してはcordが開店当初から実施してきたことですが、 いわゆる『サードウェイブ』を定義する条件のいくつかに当てはまりますね

ラテやカプチーノのベースとなっているエスプレッソについても cordではシングルオリジンのコーヒー豆を使用していますが (エスプレッソはブレンド豆を使っているお店がほんとに多いんです) 業界でもおいしく味わう方法がまだ確立されていないと言われています 私自信もご提供するエスプレッソにまだ確定した領域での完成度はないと考えています そういう理由からcordでは「エスプレッソ」自体のご提供は行っておりません

ただ、既存の概念や理論に捕われず、いろんな試みは日々行っておりまして 私なりにお客様へお出しするレベルで満足に近いモノは出来ています

『cord流現代的エスプレッソ』とでも呼べばいいのでしょうか

ご興味のある方には裏メニューということで(笑)ご提供させていただきます 気軽にお声をかけてくださいね

大きく話がそれてしまいましたが 私がcordでみなさんに飲んでいただきたいと思っているコーヒーのことについて また別でお話しさせていただこうと思っています

とにかくコーヒー好きの方は今月号の「Casa BRUTUS」大注目ですよ!